日経コンストラクション 2008/02/22号

NEWS 技術
地中熱融雪システムを合成鋼床版橋に
施工費は1m2当たり約3万円で運転費も大幅削減

 福井県雪対策・建設技術研究所と福井大学などは共同で、合成鋼床版橋に地中熱融雪システムを組み込む技術を開発し、福井市内の足羽川に架かる幸橋に初めて採用した。日本道路が舗装工事などを手がけた。 幸橋に導入した地中熱融雪システムは、足羽川の高水敷に熱交換杭となる外径139.8mm、長さ23mの鋼管杭を1.5m間隔で計378本打設。(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:957文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 施工 > 土木施工技術・ツール
建設・不動産 > 建設資材・設備 > 建築資材
建設・不動産 > 建設・建築 > 建築資材
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木施工技術・ツール
【記事に登場する企業】
福井県雪対策・建設技術研究所
福井大学
update:19/09/27