日経コンストラクション 2008/02/22号

NEWS 技術
伸縮性粘着シートで劣化防止1日当たり約100m2を施工

 東日本旅客鉄道、ショーボンド建設、日東電工の3社は共同で、特殊粘着シートを用いたコンクリート保護工法「RACシート工法」を開発。ショーボンド建設が販売を開始した。伸縮性に富むシートを張り付けてコンクリート表面の劣化を防止する。既存の塗装面の再補修やひび割れ補修、施工環境の厳しい構造物への採用などを想定している。(22ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:563文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 施工 > 土木施工技術・ツール
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木施工技術・ツール
【記事に登場する企業】
ショーボンド建設
JR東日本
日東電工
update:19/09/27