日経コンストラクション 2008/02/22号

特集 仮設が危ない
桁のジャッキアップ
桁の下のH形鋼が変形橋桁の荷重は均等にかからず

 コンクリート桁の橋の架設現場で、橋桁をジャッキアップしている際にトラブルが起きた。橋桁とジャッキの間に挟んだH形鋼が上反りに変形したのだ。 ジャッキアップは以下の形で進めていた。4本の仮支柱の上にH形鋼を載せ、4台の油圧ジャッキが仮支柱の直上にくるよう設置した。橋桁の自重を受けるジャッキからの反力が仮支柱にまっすぐ伝わりやすくするためだ。(38〜39ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1500文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 仮設が危ない(32〜33ページ掲載)
仮設が危ない
特集 仮設が危ない(34〜37ページ掲載)
繰り返されるトラブル
特集 仮設が危ない(38〜39ページ掲載)
桁のジャッキアップ
特集 仮設が危ない(40〜41ページ掲載)
土留め壁のコーナー部
特集 仮設が危ない(42ページ掲載)
ケーソンの仮締め切り
特集 仮設が危ない(43ページ掲載)
仕様書と異なる足場
特集 仮設が危ない(44〜49ページ掲載)
仮設のトラブルを防ぐポイント
特集 仮設が危ない(50〜53ページ掲載)
2006年度会計検査報告
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 素材・部材 > 金属材料
建設・不動産 > 建築トラブル > 不良・トラブル(建築・土木関連)
ビズボードスペシャル > 素材 > 金属材料
update:19/09/27