日経コンストラクション 2008/02/22号

事例研究 使える立体交差化技術
これから求められる技術
短工期や用地難の克服がさらに重要に設計・施工一括や上下部一体の発注が進化を促す

渋滞交差点の解消に向けて各社が開発した技術は、総合評価落札方式を採用する入札案件が増えたことなどで、徐々に使われるようになってきた。厳しい施工条件の現場で民間の技術を活用しようとする発注者の考えがそれを後押ししている。 わずか109日で完成──。2007年10月、東京都葛飾区のたつみ橋交差点に開通した新小岩陸橋が、現場で施工した日数だ。(74〜75ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2936文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 施工 > 土木施工技術・ツール
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > 土木事業・事例
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木事業・事例
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木施工技術・ツール
ビズボードスペシャル > 事例 > 土木事業・事例
update:19/09/27