日経コンストラクション 2008/02/22号

地方発「再生の風景」 遺跡の歴史性を護岸整備に生かす
遺跡の歴史性を護岸整備に生かす一乗谷川(福井市)

 朝、せせらぎの音で目を覚ます。心地よい音はどこから聞こえてくるのか。外に出てみると、すぐそばにある緩傾斜の落差工が目に留まった。 福井市内を流れる一乗谷川では、歴史を生かし、水生生物のすみやすい環境を創出することを主眼に「ふるさとの川整備事業」が進んでいる。(78〜83ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4097文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 設計・デザイン > 土木設計・デザイン
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木設計・デザイン
update:19/09/27