日経SYSTEMS 2008/03号

プロダクト WAN高速化装置
WAN高速化装置
実環境で効果を確かめる運用のしやすさを重視

 WAN高速化装置は,LANに比べて遅延が大きく,品質が低い回線の弱点をカバーし,拠点間通信の実効速度を上げる製品(96〜97ページの表1)。「拠点をまたぐサーバー統合や遠距離通信を伴うディザスタ・リカバリの浸透などが追い風となり,需要が膨らんでいる」(WAN高速化装置を販売する,マクニカネットワークス ソリューション技術統括部 ネットワーク2部 部長 直井利志宏氏)。(94〜99ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5113文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > WANサービス > その他(WANサービス)*
通信・ネットワーク・放送 > ネットワーク機器・通信端末 > その他(ネットワーク機器・通信端末)
update:19/09/25