日経SYSTEMS 2008/03号

事例に見る 問題解決の軌跡 CASE 30 福音館書店
CASE 30 福音館書店
PCのデータをサーバーに集約移行方法や重複解消が課題に

 メール・システムやファイル・サーバーのデータは定期的にバックアップを取っている。だが,PC上のデータはユーザー任せ──。多くの企業で起こりがちなPC運用の課題に,児童図書の出版社である福音館書店のシステム部門も直面していた。「業務部門のユーザーから“誤って消去したPC上のデータを復旧してほしい”という問い合わせをよく受ける。(180〜183ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3856文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
【記事に登場する企業】
福音館書店
update:19/09/25