日経コンピュータ 2008/03/01号

特集1 IT鎖国の終焉
中国・インドだけじゃない! ヨハネスブルグ、シンガポール、マニラ…広がる選択肢

6カ国語の技術サポートはヨハネスブルグで、シンガポールは東京にあるシステムの監視拠点に—。開発や保守だけでなく、サポート業務やシステム運用でも拠点の選択肢は広がっている。グローバル・ソーシングの最前線で何が起きているのか。現地に飛んだ。 「またパワー・カットか」。停電で動かない信号機を見て、運転手は天を仰いだ。(58〜63ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5606文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 IT鎖国の終焉(50〜51ページ掲載)
IT鎖国の終焉
特集1 IT鎖国の終焉(52〜57ページ掲載)
コストだけじゃない! 鎖国を破る3つの理由
特集1 IT鎖国の終焉(58〜63ページ掲載)
中国・インドだけじゃない! ヨハネスブルグ、シンガポール、マニラ…広がる選択肢
特集1 IT鎖国の終焉(64〜69ページ掲載)
大航海時代に備えよ
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
update:19/09/24