日経エレクトロニクス 2008/03/10号

特報
新潟精密の民事再生法適用が示す RF CMOSベンチャー経営の難しさ
2008年5月には再生計画確定か

 電子部品業界に衝撃が走った。高密度実装や無線ICの開発で知られる新潟精密が2008年1月31日,民事再生手続きの開始を申し立てた。 新潟精密は近年, AM/FMラジオや無線通信のRF回路をCMOS製ICで実現する「RF CMOS」で高い水準の技術を持ち,国内外で注目を集めていた(11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1713文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 再建
【記事に登場する企業】
新潟精密
update:19/09/26