日経エレクトロニクス 2008/03/10号

解説1
HD DVD撤退で始まる,「光ディスク+ネット」の挑戦

 2008年2月19日,東芝 代表執行役社長の西田厚聰氏が,HD DVD事業の終息を宣言した。ソニーや松下電器産業らがBlu-ray Disc規格を発表したのが2002年2月19日。ちょうど6年を経て,次世代DVD規格は事実上Blu-ray Discに統一された(図1)。 規格争いの終結は,Blu-ray Disc規格にとって新たな挑戦の始まりを意味する。光ディスクとネットワーク・サービスの融合である。(87〜92ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7848文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > ストレージ製品・技術 > 光ディスク関連技術
【記事に登場する企業】
東芝
パナソニック
update:19/09/26