日経エレクトロニクス 2008/03/10号

解説3
新たな萌芽が見えた,半導体会議「ISSCC」
医療や生活,バイオなど新用途続出

Intel社が作った数百mWの86系プロセサ / 「視線が分かる」センサ眼球内に埋め込んだ実績を持つ人工眼 / CMOSのオンチップ温度センサに新原理エレクトロニクスで幸せを追求 / 世界最小の核磁気共鳴装置世界初のコグニティブ無線用レシーバLSINANDフラッシュの新技術トレンドが登場 / 3Gアプリケーション・プロセサの闘い 「なぜコンピュータはもっと生物の脳のように振…(103〜113ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:16395文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > エレクトロニクス設計・製造 > エレクトロニクス製造技術・装置
update:19/09/26