日経SYSTEMS 2008/04号

コラム 鈴木雄介のITアーキテクトの視点
システム開発に通ずる「鳥の目」と「虫の目」

知らぬ土地を歩くとき,人は自分の位置と,目の前にある風景を関係付けたいと常に願っている。筆者の知り合いのランドスケープ・デザイナーは,これを「鳥の目」と「虫の目」と呼んだ。地図はこの二つの目をつなぐ大事な道具である。 人が地図を見るとき,大抵は自分がいる位置を探している。(17ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1854文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > IT関連スキルアップ・資格 > その他(IT関連スキルアップ・資格)*
ビズボードスペシャル > 資格・スキル > その他(IT関連スキルアップ・資格)*
update:19/09/25