日経SYSTEMS 2008/04号

講座 仮想化 きほんのき
[第1回] なぜ仮想化するのか
サーバー集約やOS延命に効果仮想マシン方式が主流に

 コンピュータの世界で使われる仮想化は,ネットワークやストレージ,サーバーといったハードウエア・リソースを,論理的な単位で活用することを指します。仮想化することで,現在の情報システムの問題点が改善できるとあって,注目度が高まっています。 本講座では,サーバーの仮想化を中心に,仮想化技術の基礎から分かりやすく解説します(表1)。(122〜127ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7131文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > サーバーアプリケーション > その他(サーバーアプリケーション)
update:19/09/25