日経エレクトロニクス 2008/04/07号

特集 CO2は見せて減らす
環境問題は地域から国,世界へ

 1960年代から1980年代ごろにかけて,電子産業を含むあらゆる産業が直面したのが,工場が排出する有害物質に起因する公害問題だった。工場排気・排水への法規制が十分でなかった当事,工場の周囲の住民は深刻な健康被害を被った。 公害問題が少なくなりつつあった1980年代後半には,オゾン層破壊が大きな問題になった。(48〜49ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1929文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 CO2は見せて減らす(47ページ掲載)
CO2は見せて減らす
特集 CO2は見せて減らす(48〜49ページ掲載)
環境問題は地域から国,世界へ
特集 CO2は見せて減らす(50〜56ページ掲載)
部品も素材も消費者も,全員参加の削減作戦が始まる
特集 CO2は見せて減らす(57〜59ページ掲載)
温暖化 ここが知りたいQ&A
特集 CO2は見せて減らす(60〜67ページ掲載)
「気が付けば省エネ」,じわじわとユーザーを誘導する
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > 環境・エコロジー(パソコン・デジタルギア) > パソコン・デジタルギア関連のエコロジー*
ビズボードスペシャル > 環境 > パソコン・デジタルギア関連のエコロジー*
update:19/09/26