日経エレクトロニクス 2008/04/07号

特集 CO2は見せて減らす
温暖化 ここが知りたいQ&A

A  CO2の排出量が最も多いのは発電部門です。左のグラフは,部門ごとに直接CO2を排出した量の推移を示したものです。1970年以降,発電と道路輸送(自動車)が一貫して排出量を増やしてきたことが分かります。 産業部門の主要な排出源は製鉄です。コークス(C)で鉄鉱石(Fe2O3など)を還元して銑鉄(Fe)を作る際に,大量のCO2を排出するためです。(57〜59ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2910文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 CO2は見せて減らす(47ページ掲載)
CO2は見せて減らす
特集 CO2は見せて減らす(48〜49ページ掲載)
環境問題は地域から国,世界へ
特集 CO2は見せて減らす(50〜56ページ掲載)
部品も素材も消費者も,全員参加の削減作戦が始まる
特集 CO2は見せて減らす(57〜59ページ掲載)
温暖化 ここが知りたいQ&A
特集 CO2は見せて減らす(60〜67ページ掲載)
「気が付けば省エネ」,じわじわとユーザーを誘導する
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > 環境・エコロジー(パソコン・デジタルギア) > パソコン・デジタルギア関連のエコロジー*
ビズボードスペシャル > 環境 > パソコン・デジタルギア関連のエコロジー*
update:19/09/26