日経エレクトロニクス 2008/04/07号

チュートリアル 事例から学ぶ赤色/赤外発光素子の劣化解析
機器の寿命を左右する遅い劣化,材料や構造,使い方に注意
 事例から学ぶ赤色/赤外発光素子の劣化解析と劣化抑制

 赤色/赤外の発光ダイオード(LED)や半導体レーザを利用する上で,発光素子の劣化は大きな問題となる。発光素子が劣化すると光出力が低下するので,発光素子を搭載する機器の不具合につながってしまう。こうした発光素子の劣化には,主に速い劣化,遅い劣化,衝撃劣化の3種類がある(図1)1〜5)。 中でもユーザーにとって大きな問題となるのが,遅い劣化である。(129〜135ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7246文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > 光デバイス製品・技術 > その他(光デバイス製品・技術)
update:19/09/26