日経コンピュータ 2008/04/15号

動かないコンピュータ 人事院
政府の人事システムが3年延期「再チャレンジ」するも難航
人事院

今年3月末の稼働予定だった政府の人事・給与システムは、基本設計からやり直しになり、3年延期となった。計画していた運用コストの削減が進まないばかりか、予定外の費用が億単位で発生する省庁も出ている。再設定の期限に間に合わせるには、4月中に仕様を固める必要があるが、難航している。(96〜98ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3735文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > 情報システムセキュリティ・トラブル > システムトラブル
情報システム > 基幹業務システム > 人事管理システム*
政治・経済・社会 > 政治 > 国内政治
【記事に登場する企業】
人事院
update:19/09/24