日経エレクトロニクス 2008/04/21号

特集 東芝の勝算
半導体は製造力で勝負NANDの強みを他事業に活用
第1部<攻めの経営の真意>

 東芝が半導体事業の勝ち組入りに向けて歩を速め始めた(図1)。米Gartner,Inc.の調査による2007年通期の半導体メーカー別売上高で,東芝は前年比20.8%増の118億2000万米ドルを達成した。対前年比伸び率は上位10社中で最も高い。同社の2005年の対前年比伸び率が5.2%,2006年が8.9%だったことを考えると,2007年は出色の勢いといえる。(58〜66ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:11587文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 東芝の勝算(51ページ掲載)
東芝の勝算
特集 東芝の勝算(52ページ掲載)
HD DVD撤退会見に隠されたもう一つのメッセージ
特集 東芝の勝算(53〜55ページ掲載)
NANDで光ディスクを代替する何でもできるのが半導体の強み
特集 東芝の勝算(56〜57ページ掲載)
09年に半分は3ビット/セル10%を4ビット/セルに
特集 東芝の勝算(58〜66ページ掲載)
半導体は製造力で勝負NANDの強みを他事業に活用
特集 東芝の勝算(67〜77ページ掲載)
HDD完全代替に向けてOSによる対応が急務
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > エレクトロニクス設計・製造 > その他(エレクトロニクス製造)
【記事に登場する企業】
東芝
update:19/09/26