日経レストラン 2008/05号

提言
「100年続く店」を発想する
本誌編集長 遠山敏之

店巡りをしていて最近、気づくことがある。お客が入っている店と閑古鳥が鳴く店の差が、大きくなっている中で、昔ながらの居酒屋が意外と賑わっているのだ。 内装はもちろん、メニューも特別ではない。接客も普通。でも街に溶け込み、そこで暮らしている人、そこで働いている人にはなくてはならない存在になっている─。 飲食店は業態の寿命が短いと言われる。(5ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:797文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > その他(食品・外食産業)
update:19/09/27