日経レストラン 2008/05号

渡邉美樹の喝
失敗はある。損切りする勇気を!

僕が今でも鮮明に思い出すのは、1986年10月1日のことだ。その日はワタミとしては4店舗目の「白札屋 上大岡店」がオープンする日だった。当時の僕は27歳を目前にして、自信満々だった。24歳で起業し、「つぼ八 高円寺北口店」を大成功させ、2店舗目の「つぼ八 大和店」も毎月の利益が700万〜800万円にもなる超繁盛店に成長させていた。(10〜11ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2049文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この連載全体

渡邉美樹の喝
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > その他(食品・外食産業)
【記事に登場する企業】
ワタミ
update:19/09/27