日経エレクトロニクス 2008/05/05号

解説1
油断大敵「EuP指令」迫る欧州環境規制の第4波
LCAの深化で守りから攻めへ

 エネルギーを使う製品の環境負荷を低減しようという欧州の環境規制「EuP指令」の運用開始が近づいている。RoHS指令や予備登録†の開始が迫ったREACH規則の陰に隠れている感もあるが,規制対象の中心は電気・電子機器で,エレクトロニクス業界に与える影響は大きい。(77〜84ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:9785文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
ビズボードスペシャル > 環境 > その他(環境)
update:19/09/26