日経コンストラクション 2008/05/09号

自治体発注調査2008 道路財源問題で事業執行の混乱続く
自治体が進める主要プロジェクト
富士山静岡空港や豊島大橋が今年度完成

 建設関連の投資が減少するなか、新規事業を立ち上げるのは年々難しくなっている。主要プロジェクトとして新規事業ではなく、継続事業を挙げる自治体が目立った。青森県では新幹線、茨城県や大分県などは高速道路、秋田県や和歌山県などはダムの継続を、主要事業に挙げている。 交通渋滞緩和のための道路の改良も各地で進んでいる。(17〜19ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:984文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
ビズボードスペシャル > 事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
【記事に登場する企業】
地方自治体
update:19/09/27