日経コンストラクション 2008/05/09号

自治体発注調査2008 道路財源問題で事業執行の混乱続く
2008年度予算と暫定税率失効の影響
自治体の税収が1カ月で600億円減少

 北海道洞爺湖町と豊浦町が発注する予定だった主要国首脳会議(洞爺湖サミット)の会場に通じる町道の補修工事を、北海道が代行することになった。道路特定財源である地方道路整備臨時交付金が支給されるめどが立たず、工事を発注できないせいで、7月のサミット開催に間に合わなくなる恐れが出てきたからだ。道が補修を代行する道路の長さは6.1kmで、事業費は約4000万円。(10〜13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3261文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
ビズボードスペシャル > 事例 > その他(建築・土木事業・不動産事例)
【記事に登場する企業】
地方自治体
update:19/09/27