日経コンストラクション 2008/05/09号

技術トレンド 第3回
第3回〓法面
外来種から在来種へシフトする緑化技術 環境面や防災面の性能確保に向け維持管理が重要に

 下のグラフは、全国特定法面保護協会が会員会社に調査した工種別の受注実績を年度ごとにまとめたものだ。2006年度の受注総額は約1830億円で、ピークだった1998年度の半分ほどに減少している。公共事業費の削減が主な原因だ。ただ、同協会の小久保秀晴専務理事は、「防災関連の工事が多いこともあり、一般の土木工事に比べれば減少の程度は小さい」とみる。(42〜47ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7171文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この連載全体

技術トレンド 第3回
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 施工 > 土木施工技術・ツール
建設・不動産 > 環境・エコロジー(建設・不動産) > 環境・自然保護(建設・不動産)
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木施工技術・ツール
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境・自然保護(建設・不動産)
update:19/09/27