日経パソコン 2008/05/12号

特集 迷惑メールの「謎」を解く
送られてきて当たり前の時代に
現状 ネット上では全メールの8割は迷惑メール!

 毎日、山のように送られてきて、メールソフトの受信トレイを埋め尽くす「迷惑メール」。「スパム(スパムメール)」や「ジャンクメール」などとも呼ばれ、一般には「要求していないのに、一方的に送られてくるメール」を指す。 一口に迷惑メールといっても、その内容はさまざま(図1)。広告目的のメールはもちろん、ウイルスメールや詐欺メールもすべて迷惑メールと言える。(38〜43ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6288文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 迷惑メールの「謎」を解く(36〜37ページ掲載)
迷惑メールの「謎」を解く
特集 迷惑メールの「謎」を解く(38〜43ページ掲載)
送られてきて当たり前の時代に
特集 迷惑メールの「謎」を解く(44〜55ページ掲載)
お答えします! 迷惑メールの「謎」
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
インターネットサービス > 事件・事故(インターネット関連) > 迷惑メール*
update:19/09/25