日経コンピュータ 2008/05/15号

特集1 “3ない”からの脱却
“仮想化”で時流に合う器に
こだわりを捨てタコツボを壊せ

 システム部門の「3ない脱却」のため、現場に飛び込み成果を出し、自らの仕事をプロとして際立たせる策をここまで紹介してきた。最後に残ったテーマがシステム部員の属する「器」、つまりシステム部門の在り方だ。 結論から言うと利用部門と一緒に課題を解決できれば「システム部門」という器はどのような形であっても構わない。(56〜57ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2830文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 “3ない”からの脱却(43ページ掲載)
信頼されない 相談されない 貢献してない “3ない”からの脱却
特集1 “3ない”からの脱却(44〜47ページ掲載)
導入
特集1 “3ない”からの脱却(48〜49ページ掲載)
恐れず現場に飛び込む
特集1 “3ない”からの脱却(50〜51ページ掲載)
ワイガヤで開発する
特集1 “3ない”からの脱却(52〜53ページ掲載)
積極的に貢献をアピール
特集1 “3ない”からの脱却(54〜55ページ掲載)
多彩な“役者”を用意する
特集1 “3ない”からの脱却(56〜57ページ掲載)
“仮想化”で時流に合う器に
特集1 “3ない”からの脱却(58〜60ページ掲載)
元気なIT部門が会社を強くする
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
【記事に登場する企業】
日産自動車
三井不動産リアルティ
三菱商事
update:19/09/24