日経エレクトロニクス 2008/05/19号

特報
ロームが無線LANモジュール,激戦区で勝ち残る戦略あり
他社が取りこぼす顧客を拾う

 「無線LANを使いたがっている顧客が非常に多い。十分ビジネスになると判断した」(ローム KTC LSI開発本部 高速データ処理システムチーム リーダー 統括課長の大藪博司氏)。 ロームが,無線LANモジュールの市場に参入する。2.4GHz帯利用のIEEE802.11b/g準拠の送受信モジュールを開発し,2008年8月から量産出荷する。(16ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1590文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > CPU・LSI製品・技術 > その他(CPU・LSI製品・技術)
通信・ネットワーク・放送 > ネットワーク機器・通信端末 > 無線LAN製品
通信・ネットワーク・放送 > 無線LAN > 無線LAN製品
【記事に登場する企業】
ローム
update:19/09/26