日経エレクトロニクス 2008/05/19号

キーワード
無線100年を経て登場した究極の近距離通信
人体通信[ body centric communication ]

 人体を伝送路として利用する通信方式。技術的には以前から知られていたが,長らく研究開発の段階にとどまっていた。ところが2008年4月に,NTTが個人認証システムに利用できる人体通信用モジュールのサンプル出荷を開始した。アルプス電気も2009年に人体通信用モジュールの製品化を計画。(36ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1222文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
通信・ネットワーク・放送 > 通信・インターフェース技術・規格・プロトコル > 伝送規格全般
update:19/09/26