日経エレクトロニクス 2008/06/02号

特集 タッチが起こす入力革新
「指」で拓く新たな世界

 韓国Samsung Electronics Co., Ltd.が2008年2月に発表した携帯電話機「SGH-U900 Soul」(p.44上の写真)。ここにはユーザーの目を引く仕掛けが用意された。メイン・パネル下部のサブ画面に表示される操作ボタンの内容が,アプリケーションに応じて変化するのだ。音楽再生の操作メニューが表示される場合もあれば,Googleの検索ボタンが表示されることもある。(44〜45ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1198文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 タッチが起こす入力革新(43ページ掲載)
タッチが起こす入力革新
特集 タッチが起こす入力革新(44〜45ページ掲載)
「指」で拓く新たな世界
特集 タッチが起こす入力革新(46〜55ページ掲載)
タッチ・センサが開発の要に,携帯機器が市場を牽引
特集 タッチが起こす入力革新(56〜63ページ掲載)
抵抗膜でもマルチタッチ,操作感を高める開発進む
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > その他(エレクトロニクス) > その他(エレクトロニクス)
update:19/09/26