日経エレクトロニクス 2008/06/02号

実録 人材を育てる:未踏の子羊,シリコンバレー
Googleだってまだ紙を使っている
未踏の子羊シリコンバレーに立つ(後編)

 米国カリフォルニア州パロアルト市内の法律事務所Morrison & Foerster LLPの会議室に,投資家を含めて70人近い聴衆が集まっていた。「第2回 海外事業化支援事業」は2日目の2008年3月11日夕方,最初の山場を迎えていた。IPA(情報処理推進機構)が企画したこの事業は,「未踏ソフトウェア創造事業」で発掘した人材が海外進出する足掛かりを築くためのもの。(117〜120ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4988文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 人事 > 人材育成・活用・制度
update:19/09/26