日経Linux 2008/07号

特集1 Fedora 9の新機能を満喫 Part2
インストール後に実施しよう! Fedora 9の定番カスタマイズ法を紹介

 インストール直後のFedora 9は,お世辞にも使いやすいとはいえない。日本語環境に不備があったり,無線LANが使えないことがあるからだ。一部のマルチメディア・コンテンツの再生にも難がある。これらの問題に対処する定番のカスタマイズ法を紹介する。 Fedora 9のインストールが完了したら,実用的な環境になるようにカスタマイズしよう。(32〜39ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:9531文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 Fedora 9の新機能を満喫(25ページ掲載)
Fedora 9の新機能を満喫
特集1 Fedora 9の新機能を満喫 Part1(26〜31ページ掲載)
Fedora 9の特徴をまとめて紹介 パッケージ管理やファイル・システムを刷新
特集1 Fedora 9の新機能を満喫 Part2(32〜39ページ掲載)
インストール後に実施しよう! Fedora 9の定番カスタマイズ法を紹介
特集1 Fedora 9の新機能を満喫 Part3(40〜45ページ掲載)
ここが変わった! システム管理の新方式を理解する
特集1 Fedora 9の新機能を満喫 Part4(46〜47ページ掲載)
Fedora 9で身近になった 最新ファイル・システム「ext4」
特集1 Fedora 9の新機能を満喫 Part5(48〜53ページ掲載)
FedoraをUSBメモリーから起動 データや設定も保存できる
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > クライアント向けOS > Linux
update:19/09/25