日経エレクトロニクス 2008/06/30号

解説3 試験・解析受託サービス
試験と解析を一体化し,製品事故を未然に防ぐ
試験・解析受託サービス

新しく市場に投入した機器で発火事故が起きてしまった─。こんなときに利用できるのが試験・解析の受託サービスだ。例えば,黒焦げになった部品から故障の原因を特定し,再現試験まで施す。発火事故以外にも,海外製の部品調達に向けて品質の評価基準を作成するサービスもある。(99〜104ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:6658文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > 不具合・トラブル(エレクトロニクス) > エレクトロニクスの不具合・トラブル全般
update:19/09/26