日経コンピュータ 2008/07/01号

特集1 “Officeレガシー”は宝に変わる
[鮮] 現場にある即時情報

 現場が使っているExcelファイルやノーツDBには、営業や開発、販売など日々の業務で発生するリアルタイムな情報が詰まっている。これらを集めて活用できれば、現場や事業全体の状況を把握し、戦略的な判断を下すことが可能となる。 しかし現場の情報は、その人もしくはその部署でしか通用しない形式であることが多い。(49〜51ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3365文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 “Officeレガシー”は宝に変わる(44〜45ページ掲載)
総論
特集1 “Officeレガシー”は宝に変わる(46〜48ページ掲載)
[楽] “Excel地獄”から脱却
特集1 “Officeレガシー”は宝に変わる(49〜51ページ掲載)
[鮮] 現場にある即時情報
特集1 “Officeレガシー”は宝に変わる(52〜55ページ掲載)
[共] “野良”を手なずけろ
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
パソコン・デジタルギア > パソコン用ソフト > オフィスソフト
update:19/09/24