日経コンストラクション 2008/07/11号

賢い電子納品 最終回
最終回●写真利用の注意点
写真データの改ざんをチェックする

 電子納品で提出する写真は、工事が正しく行われたことを示す証拠としての役割が大きい。特に、完成した後に見えなくなる個所は写真でしか確認できないだけに、工事写真に改ざんがあってはならない。 デジタルカメラで撮った写真データのトリミングや明るさの補正、縦横の回転などは一般的に行われている。(80〜81ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2174文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この連載全体

賢い電子納品 最終回
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 設計・デザイン > その他(設計・デザイン)
情報システム > 特定業務システム > 電子納品システム*
update:19/09/27