日経コンストラクション 2008/07/11号

技術士一直線 第11回
第11回〓論理的考察力の表し方
証拠を並べて課題を説明

連載の第9回(6月13日号)で、一般論文は出題されたテーマに対して「課題」を明確にすることが重要だとお伝えした。明確な方が解決策も導きやすいし、その解決策が適切かどうかの判断もつきやすい。 ただし、それが本当に課題なのかどうかは証拠を並べて説明する必要がある。この証拠が背景や現状であり、それを使って説明する能力が、一般論文で評価される論理的考察力だ。(98ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2092文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 規格・法令・資格(建設・不動産) > 建設・不動産関連の規格・法令
ビズボードスペシャル > 法令 > 建設・不動産関連の規格・法令
update:19/09/27