日経コンピュータ 2008/07/15号

ニュース
「外様の力」で顧客に近付く 樋口マイクロソフトが営業・サービス改革

マイクロソフト日本法人が樋口泰行社長の指揮下、営業やサービスの改革を急いでいる。頼みは社外から採用した幹部の「成功体験」だ。手薄だった中堅向け営業はテレセールスでてこ入れ。企業向けサービス部隊には顧客訪問回数などの「必達目標」を課す。 「努力せずに製品が売れる時代は終わった」。4月に就任した樋口社長は危機感をあらわにする。(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1284文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営方針 > その他(経営方針)
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
【記事に登場する企業】
日本マイクロソフト
update:19/09/24