日経コンピュータ 2008/07/15号

解説 2008年以降の国内IT市場動向
景気減速でもIT投資は堅調時代は「デジタルユニバース」へ

IDC Japanは国内IT市場の実績と予測をまとめた。2008年のIT投資の伸び率予測は2.6%増で、12兆7032億円。07年実績比3180億円の増加となる。金融業や製造業などの産業が引き続き成長するのに加え、通信業界におけるNGN関連需要が高まる。景気減速にもかかわらず、堅調に推移する見込みだ。(122〜127ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:8258文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
政治・経済・社会 > 国内経済 > 景気動向
update:19/09/24