日経エレクトロニクス 2008/07/14号

特集 自動車からの脱却
急変する産業構造,サービス事業を収益源に
第1部<千載一遇>

 自動車のエレクトロニクス化が加速している。特に,車両をモータで駆動する,パワートレーン系の電動化の動きが本格化してきた。自動車の電動化によって自動車ビジネスに対する参入障壁が低くなり,自動車の価格は大幅に下がるといわれ始めている。(54〜57ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5256文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 自動車からの脱却(51ページ掲載)
自動車からの脱却
特集 自動車からの脱却(52〜53ページ掲載)
走らないクルマが…
特集 自動車からの脱却(54〜57ページ掲載)
急変する産業構造,サービス事業を収益源に
特集 自動車からの脱却(58〜65ページ掲載)
暮らしが電動化で変わる,電力網との連携が加速
特集 自動車からの脱却(66〜73ページ掲載)
失われないクルマの利便性を,新サービスの旗印に
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製品・販売) > その他(車・バイク−製品・販売)
update:19/09/26