日経パソコン 2008/07/14号

特集 光ディスクの正しい焼き方
光ディスクの正しい焼き方
データディスク、音楽CD、DVD−Video、そしてBlu−ray

 データの受け渡しやバックアップ、コンテンツの収録・再生と活躍の場が多い光学ディスク。もはやパソコンにとって欠かせないアイテムだ。ただ、記録したディスクが別の環境で読み出せないなどトラブルは日常茶飯事。扱いがこれほど難儀なメディアもない。そこで本特集では“焼き”に関するテクニックから、便利な活用法までを一気に紹介する。ぜひ役立ててもらいたい。(40〜41ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:308文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる0円
買い物カゴに入れる(読者特価)0円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 光ディスクの正しい焼き方(40〜41ページ掲載)
光ディスクの正しい焼き方
特集 光ディスクの正しい焼き方(42〜47ページ掲載)
CD/DVD/Blu−ray Discを掌握しよう 光学ディスクの基礎知識
特集 光ディスクの正しい焼き方(48〜59ページ掲載)
XP/Vistaの標準機能でもできる パソコンのデータを記録する
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
エレクトロニクス > ストレージ製品・技術 > 光ディスク関連技術
update:19/09/25