日経コンストラクション 2008/07/25号

その後の土木 瀬戸大橋(岡山県倉敷市、香川県坂出市)
さび発生前にすべて塗り替え
徹底した予防保全で200年以上延命 瀬戸大橋(岡山県倉敷市、香川県坂出市)

今年4月に開通20周年を迎えた瀬戸大橋。管理者である本州四国連絡高速道路は、200年以上使い続けることを目標に、予防保全の考えに基づく維持管理を進めている。さびなどの不具合が生じる前に先手を打って修繕することで、寿命を延ばす取り組みだ。海上なので足場を組むのが難しく、特別な高所作業が必要となるなど、困難な場面も多い。年々進む劣化との終わりなき闘いだ。(38〜45ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:5355文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる440円
買い物カゴに入れる(読者特価)220円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築・土木事業・不動産事例 > 土木事業・事例
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木事業・事例
ビズボードスペシャル > 事例 > 土木事業・事例
update:19/09/27