日経コンストラクション 2008/07/25号

特集 どん底からの関係修復
下請けコンサルタント会社の再委託規制への見方
これからも「主たる部分」担いたい

 主に構造物の設計を下請けしているC社は、元請け会社の指示に基づいて実施する設計計算や図面作成、数量計算などが会社業務の大部分を占めている。 同社の役員によると、現制度で再委託が禁止されている部分と考えられる業務、例えば橋のスパン割りの検討を元請け会社から任せられる場合がある。(68〜69ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2541文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集 どん底からの関係修復(52〜53ページ掲載)
どん底からの関係修復
特集 どん底からの関係修復(54〜57ページ掲載)
元請けを揺るがす下請けの窮状と再委託規制
特集 どん底からの関係修復(58〜61ページ掲載)
元請け建設会社の下請け対策
特集 どん底からの関係修復(62〜65ページ掲載)
専門工事会社の生き残り戦略
特集 どん底からの関係修復(66〜67ページ掲載)
元請けコンサルタント会社の再委託戦略
特集 どん底からの関係修復(68〜69ページ掲載)
下請けコンサルタント会社の再委託規制への見方
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > その他(建設・不動産) > その他(建設・不動産)
update:19/09/27