日経エレクトロニクス 2008/07/28号

特報
米国テレビ新興メーカーに向かい風,Syntax−Brillian社が経営破綻
背景に大手メーカーの価格攻勢

 米国のテレビ市場において低価格を武器に成長してきた新興メーカーに,向かい風が吹いている。ファブレスのテレビ・メーカーである米Syntax-Brillian Corp.は2008年7月8日,米連邦破産法11条に基づく再建手続きを申請した。同社は,「Olevia」ブランドの液晶テレビを販売する新興メーカーである。2007年のBlack Friday†では,北米の販売シェアが5位となるなど急成長を遂げていた。(13ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1376文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
企業・経営・ビジネス > 経営危機・再建 > 倒産・解散
update:19/09/26