日経コンピュータ 2008/08/01号

特集1 ダメシステムでも使わせたら勝ち!
リリース後を描け!

 「どんなに最善を尽くしても、本番稼働時には絶対に障害は起こる。だったら稼働前から障害対策本部を準備しておいても不思議ではない」。積水化学工業の小笹淳二 情報システムグループ参事はこう言い切る。同社は今年1月に基幹システムを刷新。その際、稼働日前から障害が起きることを想定し、社内の会議室を障害対策本部(実際の名称は稼働監視本部)として準備。(42〜45ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:4031文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

この特集全体
特集1 ダメシステムでも使わせたら勝ち!(40〜41ページ掲載)
ダメシステムでも使わせたら勝ち!
特集1 ダメシステムでも使わせたら勝ち!(42〜45ページ掲載)
リリース後を描け!
特集1 ダメシステムでも使わせたら勝ち!(46〜51ページ掲載)
人も変えなきゃ意味がない
特集1 ダメシステムでも使わせたら勝ち!(52〜53ページ掲載)
非機能要件は環境整備と表裏一体
関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > その他(情報システム) > その他(情報システム)
update:19/09/24