日経レストラン 2008/08号

編集長インタビュー
「食の安全」問題は誤解が多い飲食店も科学的視点で正しい知識を学ぶべき

1940年静岡県生まれ。63年東京薬科大学薬学部卒業後、食中毒などの監視や、食品添加物・農薬等の分析・研究を行う東京都立衛生研究所(現、東京都健康安全研究センター)勤務。同・生活科学部部長を経て、2001年4月実践女子大学教授に。現在、同大学生活科学部部長。日本食品衛生学会会長、日本食品化学学会会長、厚生労働省薬事・食品衛生審議会添加物部会委員などの公職を歴任。(46〜49ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:3764文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる275円
買い物カゴに入れる(読者特価)138円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
医療・バイオ > バイオ・医療トラブル > 食の安全
医療・バイオ > 食品衛生 > 食の安全
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > レストラン・飲食店
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > 食の安全
サービス・流通・生活・文化 > 食品衛生 > 食の安全
update:19/09/27