日経レストラン 2008/08号

Tech−レストラン
厨房温度抑える「涼厨」が登場密閉容器の中で燃焼起こす新技術も
ガス厨房の進化

 この機器は、「涼厨(すずちゅう)」シリーズと呼ばれるもの。ゴトク部分をリング状にして炎を鍋底部分に閉じ込めたり、煙突状の排気システムで燃焼排気をフードの高さまで集中排気するなどの工夫を凝らしている。熱い燃焼排気が厨房内に拡散することを防ぎ、機器表面からの輻射熱も軽減されるため、室温、体感温度ともに低く抑える。(136〜137ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2251文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる165円
買い物カゴに入れる(読者特価)83円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
サービス・流通・生活・文化 > 食品・外食産業 > レストラン・飲食店
update:19/09/27