日経コンストラクション 2008/08/08号

勝つ提案 県単道路改良根尾谷汲大野線(岐阜県)
「普通の工事」は記述の具体性が決め手
図を使った詳細な説明が高評価につながる 県単道路改良根尾谷汲大野線(岐阜県)

 総合評価落札方式の入札が都道府県にも普及した最近では、数千万円程度の工事でも技術提案が必要になっている。岐阜県の揖斐土木事務所が2007年12月5日に実施した県道根尾谷汲大野線の拡幅工事の入札では、同事務所として初めて技術提案を評価する方式を採用した。評価項目の「技術所見」として、安全管理と品質管理、施工管理に関する3課題に対して提案を求めた。(24〜26ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:2857文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる220円
買い物カゴに入れる(読者特価)110円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 施工 > 土木施工技術・ツール
建設・不動産 > その他(建設・不動産) > その他(建設・不動産)
建設・不動産 > 土木・都市開発 > 土木施工技術・ツール
【記事に登場する企業】
山辰組
update:19/09/27