日経エレクトロニクス 2008/08/11号

特報
ガラス窓が太陽電池の集光器,太陽追尾不要でコスト削減へ
MITが効率を大幅に改善して現実味

 米Massachusetts Institute of Technology(MIT)は,太陽を追尾しない太陽電池向け集光システムを開発した1)。この方式では,各種ディスプレイのガラス,さらには住宅やオフィス・ビルの窓ガラスを太陽電池の集光器として利用することも可能になる。加えて,「太陽電池システムのコストを1/10以下に下げられる」(MIT)という。(16ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:1506文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
車・機械・家電・工業製品 > エネルギー > 電池
車・機械・家電・工業製品 > 素材・部材 > ガラス・セラミックス
車・機械・家電・工業製品 > 車・バイク(製造) > 電池
ビズボードスペシャル > 素材 > ガラス・セラミックス
update:19/09/26