日経コンストラクション 2008/08/22号

NEWS 時事
広島高速で施工中の橋脚が崩壊アンカーボルトの設計にミス

 広島高速道路公社は7月23日、施工中の広島高速3号線の橋脚建設工事で4月に起きた支保工の崩壊事故の原因調査結果を発表し、支保工と橋脚の柱をつなぎ止めていたアンカーボルトが短く、固定が不十分だったことが原因だと説明した。 事故は4月28日午後2時ごろ、広島市中区光南4丁目付近で発生した。(19ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:973文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > 建築トラブル > 事故・災害(建築・土木関連)
update:19/09/27