日経コンストラクション 2008/08/22号

NEWS 時事
東京・豊洲汚染対策で最終報告築地改装だと道路事業にも影響

 東京都の中央卸売市場の移転予定地である豊洲の土壌汚染対策を検討してきた「豊洲新市場予定地における土壌汚染対策等に関する専門家会議」(座長:平田健正和歌山大学システム工学部長)は7月26日、旧地盤面から2mの深さまでの土壌をすべて入れ替えるなどの対策を盛り込んだ最終報告書を都に提出した。 最終回となる9回目の同専門家会議は、都庁の大会議場を使って開催。(20ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:960文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる110円
買い物カゴに入れる(読者特価)55円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
建設・不動産 > リフォーム・修理 > リフォーム・修理
建設・不動産 > 環境・エコロジー(建設・不動産) > 環境・自然保護(建設・不動産)
建設・不動産 > 建設・建築 > リフォーム・修理
ビズボードスペシャル > 環境 > 環境・自然保護(建設・不動産)
【記事に登場する企業】
和歌山大学
update:19/09/27