日経SYSTEMS 2008/09号

講座 Javaシステムに異常あり
[最終回]業界標準仕様とOSSの採用
標準を採用してメンテ困難にプラグイン型で問題回避

 Javaシステムのトラブル例を取り上げ,その原因や解決策などを解説する連載です。連載の最終回は,標準仕様とオープンソース・ソフト(OSS)の導入がテーマです。基幹システムの更改時に標準仕様に準拠し,将来的なシステムの拡張を見越した設計にしました。そのときOSSも導入。しかし,さまざまな理由から,システムのメンテナンスが困難になった事例を紹介します。(124〜129ページ掲載記事から抜粋) *テキスト版記事の文字数:7318文字

この記事をオンラインで読む
買い物カゴに入れる385円
買い物カゴに入れる(読者特価)193円
 特価が表示されない場合は下の (※)をご覧ください
この雑誌を購入する
お得な定期購読 (手続き画面へ移動します)

(※) 「読者特価」でご購入の際、日経IDに未ログインの場合は途中で通常価格が表示されることがあります。ご購入画面をそのまま進んでいただき、「次へ(お客様情報の入力へ)」のボタン押下後に表示されるログイン画面で日経IDをご入力ください。特価適用IDであれば、表示が特価に変わります。

関連カテゴリ・企業名
【記事に含まれる分類カテゴリ】
情報システム > システム設計・開発 > プログラミング言語・開発ツール
update:19/09/25